【Glorious Elements ICE】レビュー。 フラット梱包で購入できるスピード特化なトラッキング向けの操作性 ガラスを織り込んだ布マウスパッド

マウスパッドレビュー

Gloriousから販売されているElements ICEについてレビューを行っていきます。

Glorious ElementシリーズはGloriousのフラッグシップマウスパッドで、ICE、FIRE、AIRの3種類が存在します。

本国では20年の12月ごろに発売された製品ですが、国内でも取り扱いが始まったので、国内入荷したタイミングで実際に購入し、紹介することにしました。

結論から述べてしまうと、Elements ICEはガラスを織り込んだ生地を採用したマウスパッドで、スピードタイプの操作性です。

つまり、ハイブリッドマウスパッドのような、よく滑って止まるというよりは、ハードタイプほどは滑らないという特性の製品です。

ハードタイプと異なる点は手汗を吸収できるという点で、水分の影響を受けません。

滑り出しの軽さと左右に切り替えした時の抵抗感は一切無く、フリック操作のような止め動作の再現性はあまりよくありません。

しかし、トラッキング操作をつまみ持ちなどで完全に脱力してマウス操作をするようなゲーム・プレイヤーとは好相性です。

脱力してマウス操作をすると、力の入れ加減が均一で済むため、止まっているところからの滑り出し、つまり左右に切り返すような動作の安定感が素晴らしいです。

また、以前紹介したFIREと同様に、380mmx430mmという中途半端さのあるサイズです。

マウスパッド端のステッチには高さがあり、表面素材と段差ができています。

あまりにも軽く滑るため、感度の変更が必要になる場合、振り向き幅が増える場合も十分にあり得ます。

自身が脱力してマウス操作をしているかどうか、プレイスタイルと必要な作業領域について十分な理解をしたうえでの購入をおすすめします。

国内販売価格が¥4,950ではありますが、フラット梱包で販売されています。

物理的に巻いたらダメということもありますが、巻グセに悩まされる心配はありません。

届いた瞬間から、マウスパッドの性能が最大限に発揮できます。

一度操作してみると不思議な魅力に取り憑かれるマウスパッドで、独特な楽しさがあります。

スポンサーリンク

このブログは、Google AdsenseやAmazon アソシエイトプログラム等の広告を利用して得られた収益で活動をしています。

Glorious Elements ICEとは

Elements ICEとは、Glorious PC Gaming Raceのフラッグシップモデルである Elementsシリーズのマウスパッドで、シリーズ内では滑りやすさを求める人向けの操作感になるマウスパッドです。

表面素材には、ガラスを織り込んだ特別な生地が採用されています。

氷をイメージしたようなスルスルという抵抗感を感じない滑りを求めた製品です。

サイズ

サイズ展開は一種類のみです。

Elements ICE
素材ガラス織り込み
特殊生地
サイズ430mmx380mmx3mm
カラーブラック

サイズ感としては一般的なLサイズとしては少しだけ小さめで、振り向き幅が約20cmくらいのミドルローセンシまでをカバーする大きさになっています。

発売日

国内発売日は2021年8月13日です。

本国での発売日も2020年12月ごろであるため、比較的新しい製品です。

購入した理由

ガラスを織り込んであるということで、どんな操作性になっているのかとても興味がありました。

一応、特殊な生地ではあるものの布マウスパッドということもあります。

管理人
管理人

アナウンスの時点で思いましたが、2020年以降のマウスパッドとしてはかなり個性的なマウスパッドです。

布マウスパッドで新しさのある製品は試したい。どうも人柱です。

届いたICEをチェック

外箱

フラットな梱包です。一応箱と呼べる感じのダンボール。

蓋を開けると巻くんじゃねえぞという注意書きがあるので、巻かないようにしてください。

ステッカーのおまけと、メンテナンスについての注意書き・説明書が入っています。

ムキムキマンのステッカーが欲しい人は必見。

そして、FIREと同様に厚みは4mmの記載がありますが、これはステッチの高さが4mmということですね。

外観を詳しくチェック

ブラックなんですが、反射する素材のためグレーっぽく見えます。

色ムラがあるのは筆者が取り出すときに触れた部分です。

右下にはメーカーロゴ。

巻グセ

フラットな梱包なので巻グセは一切ありません。

届いた瞬間からマウスパッド本来の性能を発揮できます。

素材感

表面

表面素材はガラスを織り込んだ生地が採用されています。

硬質ではなく、柔らかい感触で、指で押すとたわみます。

しかし、毛羽立ちや繊維質は一切感じません。

指で触ってみるとサラサラとした感触で、ホコリのような細かい粒子が乗っている感じはありますが、凸凹感は全くありませんし、縫い目は一切分かりません。

手肌が擦れてもスルスル滑るため、手汗をかいても貼り付く感じはありません。

さわり心地だけで言うなら極めて上質です。

また、触れている部分は手の油分により色合いが変化します。

裏面

裏面はよくあるグリップパターンの滑り止め加工がされています。

ICEがはフラットな梱包のため、裏面の接地面積が多く、強力なグリップを発揮してくれます。

筆者の環境ではマウス操作をするうえでは一切動きません。

滑り止め性能はとても優秀です。

中間層

中間層は指先で強く押すと点で沈む特性で、マウスを押し付ける動作くらいでは沈み込みは感じられません。

表面素材は指でならたわむ感覚を得られますが、マウスだと感じられません。

ソフトクッションではなく、よくある一般的な硬度の中間層です。

ステッチの処理

ステッチの処理はうねりや歪みはなく、きれいに仕上げられています。

ビルドクオリティは高いですが、表面素材よりもステッチの方が高さがあるためソールが引っかかります。

サイズが若干小さめということもあり、マウスパッドからマウス上端がハミ出しがちな方はマウスパッドを少し、デスク奥側に配置する必要があります。

ステッチ自体は柔らかい糸で構築されているため腕が擦れても痛くなることはありません。

操作感

ゲームでの操作性

Elements ICEはスルスルとした速さのある滑りを求めたスピードタイプの特性で、表面素材の滑りを最大限活かすことを要求されるマウスパッドです。止めやすさは感じません。

また、縦横で滑りの差はありません。

ハイブリッドマウスパッドよりも、もう1ランク上の滑り出しの軽さで、左右に切り替えした時の抵抗感は全く感じません。

筆者が持っているマウスパッドの中で最も軽い滑り出しで最も速い速度域です。

速く大きく動かしても小さくゆっくり動かしても抵抗感は一切変化しませんが、低速域では抵抗感が生まれないため繊細なコントロールを要求されます。

中速域から高速域がメインのゲームでないと扱いやすさは感じにくいです。

しかし、トラッキング操作が主体のApex Legendsなどでは、左右に切り返すような追いエイム (レレレ移動の敵を撃つ時) が要求される場面で、完全に脱力してエイムをすると実感できるレベルで布マウスパッドを凌駕する安定感があります。

布マウスパッドだと、どうしても左右に切り替えした時のキュッキュッとした抵抗感が僅かな手の力みに繋がり、トラッキング操作において力の入れ加減にムラが生まれますが、ハードタイプに寄せられたICEは力む必要が一切無いため、ムラの無い一定の力操作、安定感に繋げられます。

クッションの沈み込みも無いため、常に安定した滑りを実現でき、激しく速い視点移動のゲーム、さらにトラッキング操作を要求されるゲームとは非常に相性が良いです。

ウィークポイントとしては、止めやすさが代償になっている点です。

フリック操作でさえ安定させるのが難しく感じます。

筆者が今まで布マウスパッドを使ってきたことが大きいですが、乗り換えた際は、常に完全に脱力した操作を心がける必要があります。

フリック操作で力んで操作をするクセがあると確実に使いにくいと不満が出ます。

VALORANTのようなゲームでは、スルスルとした抵抗感の無い滑りは必要になるとは考えにくいので、候補に挙がることはまず無いと思いますが、念の為、向いていないということを注意書きしておきます。

湿気による変化

手汗による変化は起こりませんでした。

また、手汗が水滴となってソールの滑りに干渉するということもありません。

また、水分を吸収できるので湿気っている部分は色合いが変わります。

良い意味で皮脂を吸収する通気性が残されているので、その効果を最大限活かすためにも定期的に柔らかい布で拭き掃除をして使っていくと快適さが長持ちするようになっています。

手入れの際は、必ず柔らかい布を使用して優しく吹いてください。

水拭きをしたあとは、必ず乾いた布で拭き取るようにしてください。

まとめ

Elements ICEについてレビューを行ってきました。

脱力した操作で真価を発揮するマウスパッドです。

ICEは表面素材のスルスルとした極めて軽い滑りを最大限活かして操作するマウスパッドで、滑り出しの軽さや左右に切り替えした時の抵抗感の無さはトラッキング操作の安定感に繋げられます。

筆者としては、脱力したつまみ持ち・掴み持ちというプレイスタイルのプレイヤーにはかなりハマるという予感がする製品で、Apex Legendsで一定数いるハードタイプマウスパッド派の新しい武器になるマウスパッドだと感じます。

また、ハードタイプと異なり、通気性、吸湿性があるので湿気、水滴の影響は受けません。

しかし上記のメリットの反面、力んだ操作をするプレイヤーには適正がありません。

かなり振り切った製品になっていますが、布マウスパッドを長期間使ってきた筆者でも ICEのメリットをすぐに感じられるくらいの扱いやすさは残されています。

プレイスタイルを大きく変えたいようなプレイヤーにも優しく寄り添ってくれるマウスパッドです。

脱力したトラッキング操作を特化させたいと思っている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

筆者的には結構アリなマウスパッドです。

ココが良い

  • 極めて軽い滑り出しで左右に切り替えした時の抵抗感が全く無い
  • トラッキング操作が一切力まず行える
  • 湿気に強い
  • フラット梱包で届いたらすぐに使える

ココはイマイチ

  • サイズが小さめ
  • ステッチは高さがある
マウスパッドレビュー
スポンサーリンク
フォロー・購読はこちら
この記事を書いた人
komugipowder

元イネ科アレルギーのkomugipowderです。ゲーミングPCの周辺機器・配信用機材・ガジェットのレビューをしています。みっちり愛を込めて使い込むことをモットーとしたレビュー記事を書いています。配信機材は分かりにくい製品が多いので、設定方法や困りごとの解決・お役立ち情報も発信しています。広告収入を活動資金にして運営しています。

フォロー・購読はこちら
パウブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました