【Esports Tiger Longteng Purple Gold】レビュー。極めて軽い滑り出しを超ソフトなクッションでコントロールする”らしさ”のあるマウスパッド

マウスパッドレビュー

Esports Tigerから販売されているLongteng Purple Goldについてレビューを行っていきます。

Esports Tigerは国内でも取り扱いがあるメーカーで、国内取扱店舗だけでなく、Amazonでも正規代理店からマウスパッド等の購入ができます。

今回購入したのはLongteng Purple Gold で、Amazonでは¥5,400で販売されています。

Longteng Purple Gold イチオシポイント

  • 極めて軽い滑り出し
  • 強烈に沈むクッションで力む操作と好相性
  • 滑りは速いけど手が痛くなりにくい表面素材
  • 巻グセが簡単に取れる
  • 湿気の影響は受けにくい

その他のEsports Tiger製マウスパッドと同様にステッチ加工が施された、通常ラインナップのマウスパッドですが、表面素材とクッションは完全に別注モデルになっています。

結論から述べてしまうと、Longteng Purple GoldはLongteng『らしさ』を強調したモデルで、軽い滑り出しと急激な減速操作を両立できることが長所のマウスパッドです。

特にADS ホールド操作や、腕を振り回して振り向く動作のような、『マウスを沈み込ませる動作』との相性が良く、スピード感を実現しながらも力んで減速を行い繊細なエイムも実現したいプレイヤーにはドハマリするんじゃないかと感じました。

また、EsportsTigerのマウスパッド全体に言えることですが、湿気の影響を受けにくい表面素材が採用されているため、安定した操作感が長時間持続するのも『らしさ』を感じられるポイントになっています。

数種類展開されているLongtengとはなんぞや?という部分も掘り下げながらじっくり詳しく細部を見ていきましょう!

スポンサーリンク

このブログは、Google AdsenseやAmazon アソシエイトプログラム等の広告を利用して得られた収益で活動をしています。

Longteng Purple Goldとは

日本ではLongteng Purple Goldは、Longteng ADDICE SPECIAL EDITIONです。

つまり、ゲーミングデバイスECサイト『ADDICE』の別注モデルです。

滑り出しは極めて軽く、止めは表面素材の摩擦に加えてソフトクッションの沈み込みを最大限活かして止められるようになっています。

Esports Tiger製マウスパッド全体に言えることですが、クッションの柔らかさはラインナップ上で最低値になっていてもとても柔らかいクッションで製作されています。

サイズ

Longteng Purple Gold
素材平織り布
(マイクロコーティング)
サイズ480x400x4mm
水洗い不可
逆巻不可

Longteng Purple Goldの立ち位置

シリーズ内でLongteng Purple Goldは極めて速い滑り出しに振られたマウスパッドです。

最大値Longteng Purple Gold最小値
厚み6mm4mm4mm
滑り出しの速さ996
表面のサラサラ感996
止めやすさ988
クッションの柔らかさ655
曲げ柔軟性986

購入した理由

Esports Tiger製品は国内で購入できるものの、マウスパッドについての情報がかなり少ないので、筆者が実際に購入してみて使用感の確認をするために購入しました。

Longteng FirecloudのみになっていたLongtengシリーズに新たなモデルが追加されました。

気づいたらAmazonから発送メールが届いていました。(いつもどおり)

届いたLongteng Purple Goldをチェック

今回新発売となった平箱パッケージのEsportsTigerマウスパッドと異なり、Longteng Purple Goldはあくまで別注モデルということでいつもの一般的なマウスパッド用の箱に梱包されています。

側面にはADDICE SPECIAL EDITIONの文字がしっかりと標記されています。

フタ部分にもADDICE SPECIAL EDITIONの文字といつもの箔プリントがキラキラしています。

中身もいつもどおりビニールに収められています。箱にしまう時に楽ちんなビニールです。

外観を詳しくチェック

EsportsTigerおなじみの虎と言うか、獅子のようなファンタジー生物のグラフィックプリント。

Purple Goldと銘打っていますが、当然泊プリントではないので金色に見える部分はイエローのプリントです。Purple部分も薄い青紫色で、かなりオシャレな色合いになっています。

開封直後に少しだけニオイが気になりました。強めのラバー臭です。

一日くらいでニオイはほとんどしなくなりました。

巻グセ

開封直後の巻グセはかなり強いです。しかし、その強い巻グセの反面、巻グセが取れやすくなっています。

直立できるくらいに丸まっていました。

しかし、前述したとおり、EsportsTigerマウスパッドの中でも1位2位を争うレベルで巻グセが取れやすくなっているので心配は不要です。

素材感

表面

Longteng Purple GoldはLongtengやLongteng Firecloudとも異なる表面素材になっています。

では何織りか?『THE・平織り』です。縦糸と横糸を1本ずつ交差させる織り方で、密度は少し低めです。そのため指で触ってみると、糸自体は柔らかいものの細かいザラつきを感じます。

また、目で見てわかる質感からも伝わってきますが、毛羽立ちは一切ありません。

平織りの象徴とも言える畝が見る角度によって浮かび上がります。浮かんで見えるということは、この部分が隆起しているという証でもあります。

つまり、この時点でなんとなく『マウスソールと少ない面積で接することで初速を軽くしてんだろうな』くらいの推測ができますね。(この発想が超重要だったりします。)

また、目が粗いと生地自体がたわみやすいため、沈み込みを活用した操作がやりやすくなる傾向にあります。

全体の質感としては目が粗くシボ感のあるアムンゼン織り生地と同様にドライな質感で、汗をかいても貼り付き感がありません。目が粗いというのは適度に通気性があって湿気にも強いということが推測ができますね。

裏面

裏面の滑り止めは、ADDICE SPECIAL EDITIONオリジナルの素材に変更されています。

管理人の環境では腕を大きく振り回しても動いてしまうということはありませんでした。

性能はEsportsTigerオリジナルの滑り止めとそこまで大きな差はありません。ただ、ADDICE SPECIAL EDITIONのように目が細かい滑り止めは、塗装されていない生木の方が滑りにくいと思うので、光沢のあるデスクを使っている人が減ってきたということなのかもしれません。

海外ゲーマー達もゲームをするデスクにもオシャレさを求めて光沢の無いマットなデスクを購入しているんでしょうか。(Youtube等を見ていると素仕上げのデスクを見る機会が多いです。)

中間層

中間層は指先で押すと、押した指全体が面で沈み込む特性で、マウスを押さえつけると沈んでいる感覚が得られます。表面素材もたわみやすい特性のため沈んでいる感覚がかなり分かりやすいです。

マウス底面を擦るくらいには余裕で沈み込みます。指で強く押し付けるとデスクまで到達し底づきを起こします。

EsportsTigerのラインナップ中でも最も柔らかい仕様になっているので当然といえば当然ですが、想像以上に柔らかいです。例えるとウエットスーツに近い質感です。

ソール形状や接地面積の少ないソールでは引っかかりを感じます。

ステッチの処理

ステッチの処理はかなりきれいでビルドクオリティは極めて高いです。

ステッチには極めて柔らかい繊維が採用されており、腕が擦れても痛くなることはありません。

その反面、少しだけ毛玉になりやすい傾向にあります。大きな毛玉はできないので、毛玉が発生したら簡単に取り除けるくらいにはなっているので、そこまで懸念材料として考えるほどでも無いと感じました。

また、その他のEsportsTigerマウスパッド同様に、ステッチの高さは表面素材とほぼツライチになっていて、マウスパッド端にソールが干渉するということはありません。

うっかり上端からマウスがはみ出ても問題無く使用できています。

操作感

ゲームでの操作性

Longteng Purple Goldは、極めて軽い滑り出し・速い滑りと強力な減速が可能になったマウスパッドです。縦横で滑りの差はありません。

扱いやすいバランスタイプのマウスパッドというよりも明確にやりたいことを実現するためのマウスパッドです。

小さくゆっくり動かしても大きく速く動かしても抵抗感に変化はありませんが、少しでも力が加わると摩擦が増えて操作性に変化が発生します。

速度域としては低速から高速まで幅広く扱える特性ですが、たわみやすい表面素材とソフトなクッションをいかに使いこなせるかが重要になってきます。

滑りの速さと系統だけで言うなら、アムンゼン織りのハイブリッドマウスパッドにかなり似ています。

滑りの速さを比較すると

Longteng Purple Gold > FIRE ≒ Longteng Firecloud ≧ DASH ≧ PARACONTROL といった具合です。

Longteng シリーズということで、脱力する操作だと、ほぼ無抵抗な滑り出しと切り返しを得られますが、マウスをマウスパッドに押し付ける動作を行うと強力に沈み込み、大きく減速させることができます。

Longteng Purple Goldは脱力した状態での操作の抵抗感の無さを100だとすると、沈み込ませた操作では50~40くらいに変化します。

この特性を良いと思うか悪いと思うかですが、管理人の環境では力んだ操作はあまり行わないため、軽い操作感のマウスパッドとして違和感なく使えています。

ただ、注意点を挙げるとするなら、クッションが沈むことになるマウスを押し付ける動作についてです。Longteng Purple Goldは左クリックをしただけでも微妙に沈み込みを感じますし、ADS ホールド操作、右クリック長押しでも微妙に沈み込みを感じます。

ADS 切り替えの場合、射撃時に右クリックを押さないため、左右で沈み込み具合が異なる感覚がありました。Apex Legendsのような視点移動が大きく速く、大きく視点移動させながら射撃 (トラッキング操作) を行うゲームの場合は、ADS 切り替えだと左右の切り返し時に違和感を感じるかもしれません。

Apex LegendsではADS ホールドの方が均一にクッションが沈み込むため、ソフトなクッションでも使いやすさを感じることができました。ADS ホールドと左クリック長押しという、結果的にマウスを押し付けることになる動作でクッションが程よく沈み込むため、中距離の敵を撃つ際に照準がブレにくく安定させることができました。

また、大きい視点移動をしながらのトラッキング操作を行わないVALORANTでは懸念材料にはならないと思います。

大きく振り向く動作をして止めたい時にギュッと押し付ける動作をするとソフトなクッションを最大限発揮できる、軽い滑り出しのマウスパッドとして使っていけるバランスの良さになっています。

Longteng Purple GoldはQcK HEAVYと同じ使い方ができるLongteng Firecloudとは少し異なる性格にはなるため、止めたいというよりも減速させたいというイメージが適切だと感じました。止めたいとなるとLongteng Firecloudの方が無難な扱いやすさを感じると思います。

湿気による変化

手汗の湿気による滑りの変化は起こりません。

風呂上がりに操作しても全く操作感が変わりません。

極めて安定した性能を維持できます。

巻グセの取り方

EsportsTigerの中でもEBA BLUEに次ぐ巻グセの取れやすさを誇るLongteng Purple Goldですが、少し手を加えることで一日で巻グセを改善できます。

ブログ用の写真撮影中に行ったこのペローンとめくる作業を行うと巻グセが取れました。マウスパッドの端をつまんでめくる動作を行うだけです。

4つのカドに対して順番に行えば、それだけでほぼ巻グセが無くなります。表面素材のおかげなのか、変更されたクッション素材のおかげなのか分かりませんが、巻グセについてはかなり扱いやすくなっています。

まとめ

Longteng Purple Goldについてレビューを行ってきました。

極めて軽い滑り出しをソフトクッションで減速させて使う操作感のマウスパッドです。

厚みが4mmで、目が粗いものの柔らかく通気性がよくドライな表面素材、さわり心地が良くツライチになったステッチ、全体的にビルドクオリティが高く、相変わらずの完成度の高さです。

おすすめできるのはこんな方

  • 抵抗感の無い滑り出しを求めている
  • 相反する強力な減速も実現したい
  • 最高速度が速く、それなりに止まる性能も求めている

操作感は、軽い滑り出し・程よい止めの『ハイブリッドマウスパッド』に近いですが、軟質な表面素材をさらにソフトクッションの沈み込みも活かして減速させるという、明確なコンセプトがハマるかどうかが重要になってきます。

そうは言っても、ついこの前までハードパッドを使用していた自分でも難なく使えてはいるので、ピーキーさがあるよ!という意味では捉えなくていいと思います。

また、LongtengシリーズというのはCS:GO向けに作られた (中国国内向けECサイトではCS:GO 龍騰と強調表記されています。) マウスパッドです。ADDICE SPECIAL EDITIONも米国で企画されたもので、その国で流行っているゲームというとCS:GOやVALORANTが多数です。Longteng Purple Goldは当然そのプレイヤー達に向けて作られたマウスパッドだというのも推測ができます。

日本ではFPS=なに?な状態かもしれませんが、海外ではまだまだFPS=CS:GOです。そんな背景を汲み取りながらデバイス選びを行うといいかもね!とも思いますが、実際にはCS:GO向けに作られたマウスパッドであろうが操作性がハマれば、FortniteだろうがApex Legendsだろうが全然快適にプレイできてしまいます。

ただ、ひとつ言えることは、布マウスパッドなら『ソールとは低接地面積な設計』が軽い滑り出しを生むということです。 (その逆も叱りですね。)

その軽い滑り出しを実現するマウスパッドの一つとして、Longteng Purple Goldも候補の一つにいかかでしょうか。

ココが良い

  • 軽い滑り出しでよく滑る
  • 沈んで意図的に減速させられる
  • 程よい止め性能
  • ソフトな触り心地
  • 手汗湿気に強い
  • 巻グセがすぐ取れる

ココはイマイチ

  • 万人受けするわけではない
  • 超絶コントロール系というわけではない
  • ソールとの相性問題が起こる
マウスパッドレビュー
スポンサーリンク
フォロー・購読はこちら
この記事を書いた人
komugipowder

元イネ科アレルギーのkomugipowderです。ゲーミングPCの周辺機器・配信用機材・ガジェットのレビューをしています。みっちり愛を込めて使い込むことをモットーとしたレビュー記事を書いています。配信機材は分かりにくい製品が多いので、設定方法や困りごとの解決・お役立ち情報も発信しています。広告収入を活動資金にして運営しています。

フォロー・購読はこちら
パウブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました